●中国について

今や日本を抜いて世界第二位のGDPを誇る経済大国、10年以上に渡って10%以上の経済成長なしとげた中国とはどんな国なのでしょうか?日本にとって有益な良き隣人なのでしょうか?ここでは中国の実態の一部をご紹介します。

中国が狙う日本の政治

「華人参政支援協会」って知っていますか?
中国共産党とつながりのある在日中国人団体が日本での外国人参政権を推進する組織です。中国共産党機関紙の人民日報が開設する人民網日本語版 
参考資料:ISBN978-4-7755-1433-7オークラ出版 激論ムック「迷走日本の行方」P84 
「国籍のありがたみを忘れた日本人」(評論家・石平)


また国政の乗っ取りも考えているようです。
「10年、20年を費やそうとも我々の代表を国会議事堂に送り込む」2009東京都池袋で、華人参政支持協会による初の研究会が開催された。同協会のメンバーは多くが新華僑(1980年代以後の来日)で、日本国籍を取得した中国系日本人か永住権取得者だという。

中国は日本の民主主義を利用する?
環球時報はコラム「日本との戦いはその弱点をつけ」を掲載した。以下はその抄訳。「日本との戦いはその弱点をつけ」の内容「日本と戦うにあたり、中国が狙うべきは、反中の政治家が選挙で落選するように仕向けること。」「日本の民主主義を利用して、日中対立を煽る政治家を落選させること」

参考動画

YouTube 動画


言論弾圧、ネット検閲など

・中国のハッキング能力は?

中国が全世界のIT通信15%をジャック 米議会が指摘、「米中経済安全保障見直し委員会」の報告によると、「ハイジャック」は4月8日。多くの国のネット通信が一時、中国国営の「中国電信」によって、中国内サーバーを経由するように誘導された。

・ハッキング方法

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)などが製造する電話交換機といった通信設備・機器には、盗聴機能などが備わったチップが組み込まれており、遠隔操作で機密性が高いネットワークへの侵入も可能になるという。 

・スパイウェア

英国:諜報機関が,中国製のデジタルカメラなどにスパイウェアが仕組まれており,PCに接続すると機密情報などが盗まれてしまう危険性があると警

・ネット言論弾圧の実際

反日デモ参加者を風刺ツイートをRTした中国の女性が、強制労働所送り。この日は彼女の結婚式が行われる予定だったが地元警察に拘束され「社会秩序を乱した」として「労働を通じた再教育」のため1年間の強制労働所行きを言い渡された。
(ITmedia ニュース)

中国人の文化

団地の踊り場や階段で大便、住人の33%が中国人埼玉県チャイナ団地の現実「ある時、日本人のおばさんが、中国人女性が階段で用を足している所を見つけた。注意すると、こう言われたそうです。“トイレで流す水がもったいない”」 
一次ソース(週刊新潮2010年03月18日号)

食品事情

毒ミルクなんて序の口?中国の驚がくの食品事情とは 
(サーチナより)

知られざる民族弾圧

日本のマスコミが一切報道しない中国共産党がチベットで何をやったのかよくわかるマンガ、「慈悲と修羅」、信じられない人は実写動画みて (チベットにおける中国軍の蛮行)

中国の弱点

「中国にとって最大のダメージは、日本の環境技術撤退やODAの即時中断。日本の環境技術の撤退は、深刻な環境汚染問題を抱える中国にとって最大級の痛手です。略 中国の国民にほとんど知られていない日本の支援の大きさを知らしめる良い機会
一次ソース(2010年9月22日zakzak) 二次ソース(2ちゃんねる ニュース速報+)

中国の治安

2004年7万4千件、2005年8万7千件、これ北京政府が発表した中国国内での暴動件数です。一時間に十件近くの暴動が中国国内のどこかで常に起こっている。さすがに中国政府もこの状況を恥じてか、それまで毎年発表していた暴動の統計を2006年からは発表すること自体をやめてしまいました。

(文・wbd)